高脂血症 薬

高脂血症の改善薬とその副作用

高脂血症または脂質異常症の場合の改善薬としては、主に2タイプの薬を服用します。

 

一つ目は悪玉コレステロールを下げる為の薬です。

この薬はコレステロールが作られる際に必要な酵素の働きを抑えて、必要以上にコレステロールを作らせないようにする作用があります。そのため、肝臓にコレステロールが蓄積せずに血液内に流れている悪玉コレステロールを取り込み血液内に流れるLDLコレステロール値が減少に繋がります。

 

二つ目は、中性脂肪を減らす為の薬です。

このタイプでの作用は、肝臓内で作られたVLDLをリパーゼ酵素の働きを促進させる事で分解し中性脂肪を減らしていきます。VLDLとは、リポタンパク質の種類の中の1つで、合成された場所から使われる場所まで運ぶ為に必要な分子になります。

高脂血症の治療薬

 

これらの2タイプのいずれも、肝臓機能に影響を与えるタイプには副作用が出る事もあり注意が必要です。副作用の例として、筋力の低下や筋肉痛など筋肉に関係した症状が出る事があり、肝臓機能に影響を与える薬が主になるため、肝機能障害が起こる可能性もあります。

 

また、感機能障害は自覚症状が分かりにくいため、小さな体の変化を観察する事が大切です。その他の副作用として、不整脈や消化器症状が出る場合もあります。

 

消化器症状の場合には、便秘や下痢が起こりやすくなる可能性が高くなります。

 

不整脈や肝機能障害など副作用が強く出る場合には、薬の変更を考える必要があるため、体の不調が少しでも出た場合には必ず医師への相談が大切になります。

 

副作用は薬によって異なるため、服用に関して医師とよく相談し、副作用に関しても納得できる場合に限り処方してもらう事がポイントです。

 

また、1つの治療法だけではなく、運動療法や食事療法なども積極的に取り組み、なるべく1つの治療法に頼る事がないように注意しましょう。

 

特にコレステロール値や中性脂肪が過剰な場合には、関節に負担がかからない水中内での歩行など、適度な運動が重要になります。