高脂血症 原因 対策

高脂血症を放置するとどうなる?

高脂血症は放置してはダメ

血液中の脂肪分の濃度のことを血清脂質値といいますが、この血清脂質値が異常値を示している病気が脂質異常症、いわゆる高脂血症です。血中の中性脂肪が増加している状態です。生活習慣病のひとつで、原因は高カロリー、高脂肪の食事や運動不足といわれています。ただし、遺伝性の場合もあります。

 

高脂血症になっても、多くの場合自覚症状はありません。血液検査で発見されることがほとんどです。しかしながら徐々に全身の血管が傷つけられてしまいます。放置していくと動脈硬化になります。

 

動脈硬化が進めば、心臓や脳などの血液の流れが悪くなっていきます。その結果、血栓ができて血管を詰まらせてしまうと、命に関わる病気、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞といった重大な状態に突然なってしまいます。脂質異常といわれたら、そのような発作を起こさないように血清脂質値に気をつけて生活する必要があります。

 

高脂血症の治療は、原因の多くは生活習慣によるものであるため、生活習慣の改善が治療の一歩となります。

 

食事療法や運動療法を行い、適正体重を維持することが重要となってきます。食事の量を適正にし、清涼飲料水やアルコール類、甘いお菓子を食べすぎて中性脂肪値が高くならないようにします。太っている人は高血圧や糖尿病などになりやすい傾向があり、減量することでそれらの病気も改善する効果が得られます。

 

高血圧や糖尿病も高脂血症と同様、動脈硬化の進行を早める原因となるので、適正体重をキープすることは大切なことであるといえます。しかしながら、一定の期間継続しても目標値に至らない場合は、コレステロールの合成を抑制したり、コレステロールの吸収を阻止する薬などが使用されます。

 

とにかく、命に関わるような病気に突然ならないためにも、動脈硬化にならないよう予防することが重要なのです。また、自覚症状があらわれない分、早期に異常を発見するためには、定期的に健康診断を受けておくことも大切です。

 

血液をサラサラにして血管内の血栓を溶解するDHA・EPA配合サプリを飲むのもおすすめです。
⇒ 高脂血症に効くサプリ

高脂血症になる原因とその対策

現代病のひとつで近年問題になっている高脂血症ですが、主な原因は食生活の乱れにあります。

 

元来日本人は魚類、穀物、海藻類などの健康的な食事をしていましたが、近年における食生活の欧米化により肉類、油もの中心の食生活へと変化してきたことが高脂血症増加の一因となってると言われてます。

 

さらに食事だけでなくストレスを発散させるために喫煙やアルコールの摂取量が増えたり、慢性的な運動不足なども要因となっています。

 

高脂血症は高コレステロール血症とも呼ばれてるように、コレステロール値が大きく上昇している状態です。コレステロール値が高いと中性脂肪も増加しているため、血液がドロドロになっている状態です。そのため体が重く感じられ疲れが一向にとれないといった症状を覚えるようになりますが、一時的な疲労と勘違いされてしまいそのまま放置されてしまいその結果症状が悪化して、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などのリスクが高まってしまいます。

 

高脂血症の対策としては食生活の改善、適度な運動の二つが挙げられます。

 

高脂血症発生の原因として大きな要因になっているのは食生活の乱れです。普段の食事内容が肉類や油ものが多かったり、またアルコールの摂取量が多かったりする場合はすぐに見直した方が良いです。

バランスの良い食事を心掛ける

 

普段の食事に取り入れたいものは青魚や海藻類、玉ねぎやゴボウなどの根菜類です。特に青魚はEPAやDHAという成分が多分に含まれており、これらは中性脂肪を減らしコレステロール値を下げる効果があるので必ず摂取してほしい食材です。海藻類や根菜類には血液をサラサラにしてくれ成分が多いのでこれらも一緒に摂取してほしい食材です。

 

食生活の改善と併せて普段の生活に運動を取り入れるのも対策の一つです。
ウォーキング、ジョギングなどの有酸素運動は、脂肪の燃焼効率を向上し、中性脂肪の減少、コレステロールの低下を促進してくれます。有酸素運動の効果はすぐに現れるものではないので継続していくことが重要になります。