高脂血症 仕組み なぜ起こる LDL HDL

高脂血症が起こる仕組み

この記事では高脂血症(脂質異常症)が起こる仕組みについて解説します。

 

まず高脂血症を正しく理解するためには私たちの身体の中でコレステロールや中性脂肪がどのように動いているかを把握することが大事です。

 

まずそもそもコレステロールは私たちの身体にとってどのような働きをしてるのでしょうか?

 

コレステロールというとなんとなく悪さばかりしているイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、実は生命維持に不可欠な働きをしていまして、具体的には細胞膜やホルモンの原材料になっています。

 

細胞膜はあらゆる体内組織を作るための元のようなものですし、ホルモンは環境の変化に伴って身体の反応を切り替えるスイッチのような役目を担っています。いずれも身体になくてはならないものなのです。

 

 

コレステロールの移動について

さてそのコレステロールですが、血液を通して身体全体に運ばれます。しかしコレステロールはそのままの状態では実は血液に溶け込むことができないという性質をもっています。

 

 

 

そこである特定のたんぱく質と結合してリポ蛋白という粒子になって血液を流れるのです。リポ蛋白にはLDLやHDL、カイロミンといった様々な種類がありそれぞれ役割が異なりますが、その中でLDLがさきほどいった原材料を身体の隅々まで送り届ける役割を担っています。

 

LDLは別名悪玉コレステロールと言われるアレです。つまり別に悪さばかりしているというわけではないんですね。ただ私たち現代人の生活習慣においては悪影響を及ぼすことが多いので悪玉呼ばわりされている不憫な子なのであります…(かわいそう)

 

さてその身体中に原材料として送り届けられたコレステロールですが、使われずに余ったものはHDLという引き取り業者によって肝臓に戻されることになります。HDLは善玉コレステロールと呼ばれることもあります。つまり飽食の現代人にとっては救世主なわけですね。

 

ちなみに肝臓に戻ってきたコレステロールの一部は胆汁酸に変化して十二指腸に排出されますが、その多くは腸で再吸収され肝臓に戻ってきます。胆汁酸は腸の中を掃除する役目がある物質です。

 

このような循環でコレステロールは私たちの身体を動き回っているのですが、その再吸収のシステムが遺伝や様々な病気、肥満などの影響で上手く働かなくなる状態が、高脂血症(脂質異常症)というわけなんですね。

 

とくにHDLという資材回収業者の働きが弱まると、血管の中に資材が起きっぱなしになり動脈硬化が進みやすくなるといわれています。この動脈硬化が身体に様々な悪さをして重大な病気を引き起こす、という流れなので注意が必要です。