高脂血症 心疾患 心筋梗塞 狭心症

高脂血症と心疾患

 

高脂血症は動脈硬化を引き起こします。その名の通り血管の柔軟性が失われて硬くなってしまう病気です。

 

この動脈硬化がさらに様々な病気を引き起こすわけですが、その中でも特に怖いのが心疾患です。とくに動脈硬化から派生しやすい心疾患が心筋梗塞と狭心症です。

 

ひとつひとつ説明していきます。

 

心筋梗塞は、心臓の血管がつまることによって心臓の筋肉が壊死することによって発生します。
そもそも心臓という臓器自体が身体全体に血液を送るポンプのような働きをしているわけで、その心臓にも血液が必要というのは少し考えると不思議な気もしますが、とにかく心臓にも血管が張り巡らされています。

 

その心臓の血管のことを冠状動脈といいます。その名の通り心臓を冠のように血管が覆っているのでこのような名前がついています。

 

心筋梗塞はこの冠状動脈に血栓ができて詰まり引き起こされます。このとき身体に起こる変化としては、

 

  • 胸に広範囲に痛みが起きる(チクチク痛むというよりは押されるような痛み)
  • 呼吸がしづらくなる
  • 冷や汗

 

などがあげられます。

 

高脂血症が疑われる人で以上のような症状が出たら注意が必要です。

 

狭心症も機序は心筋梗塞と似ています。

 

冠状動脈の動脈硬化により心臓に行きわたる血流が不足します。

 

心筋梗塞と違うところは、前者が血栓により血流が完全に詰まるのに対して、後者はごくわずかですが血流は途絶えないということです。

 

よく粥状硬化(アテローマ)といいますが、つまりお粥のようにドロドロとしたものが血管の中に溜まっていて水道の水が出にくくなってるような状態をイメージしておけば大体正解です。

 

症状は胸痛、モヤモヤする、動機や息切れなどで、ほうっておくと心筋梗塞に発展する可能性もあります。

 

また少し不思議な現象ですが、左の肩がよく凝ると狭心症の前兆という人もいるようです。
というのも心臓は身体の左にあるため、左側に負担がかかって肩こりという形になって現れるとのこと。左利きの人はよく左の肩が凝るため狭心症に気付かなかったという事例もあったといいます。

 

 

その他の原因

 

高脂血症→動脈硬化→心筋梗塞・狭心症

 

という流れをこの記事では説明していますが、

その他にもストレスや睡眠不足などが原因となって起こる場合もありえます。

 

 

また食生活の乱れなども原因のひとつですね。これらは高脂血症の原因とも重なるため、どれが原因とはっきりするわけではありません。

 

このように様々な症状が重なりあう一群をまとめてメタボリックシンドロームという言い方で表現する場合もあります。

-